息抜きも大事。ドイツ人に見習うお散歩のすすめ。

ドイツ
わたし
わたし

こんにちは、姉です♪

先週末、ゆっくりと日が暮れてきた18時ごろ。

急に思い立ち、電車に乗って海まで行ってきました♡

夕焼けがきれい~!

このところ、学校で連日集中講義があったりレポートを書かないといけなかったり、偏った練習のしすぎで手を痛めてしまったり・・。

お肌の調子が悪く体調が優れない日が続き、

わたし
わたし

もしかして今、わたしには休みが必要・・?

・・と。

ふと、海に行きたい!と思い電車でひとっとびしてきました♪ キャー

人間、何かに追われていて十分な食事や睡眠が取れていないと、本人よりも先に身体が気がついてくれるんですね。

お肌の荒れだったり、体調不良なんかはそのサインだと思います。

身体からのサインは現状を改善するチャンス?!

つい最近、手の痛みを相談したときに大学の先生がこんな事をおっしゃっていました。

大学の先生
大学の先生

痛みがあるっていうのは、すごく良いことだと思うよ。

なぜなら、痛みによって人はその不具合に気づくことができて、それは現状を良くするチャンスなんだから✨

たしかに。

手を痛めてしまったけれど、それによって具体的に自分の練習方法の何が手を痛めてしまったのか、注意深く探りながら普段以上にピアノの練習法をじっくりと研究できる良い機会になりました。

もしも体調に変化がなかったら、休みを取ることもなくあのまま突っ走ってしまっていたかも。

今後不具合を感じたら悩むよりも先にまず、「ヨシキタ!今度は何が原因だ?!」と考えるようにしようかな♪(笑)

運動は侮れない

海に行って気がついたことがいくつか。

  1. 運動(といっても歩くだけ・・笑)をすると、リフレッシュされて身体がなんだか元気になる!
  2. 周りをみると、遊びにというよりもリラックスしに海に来ている人がたくさん
  3. 自然を感じるって大切だな

行った場所がかなり広い海岸で、砂浜もたくさんあったので夕焼けを楽しみながら30分ぐらい歩きました。

ひろーーーーい砂浜

風に当たりながら歩いていると、脚は疲れているのに不思議なことに頭の中はどんどんスッキリしていき解放されていく感覚があります。

(ほんの数十分歩いて疲れるだなんて、日ごろの運動不足がバレてしまいますね・・(笑))

身体を動かすことで、何か老廃物のようなものが取り除かれていくのでしょうか。

そして周りをみてみると・・・

砂浜に寝っ転がっておしゃべりしている人や、

ワンちゃんを連れて一緒に座ってお話している人、

ベンチに座って会話を楽しんでいる人など、

動かずその場に留まってゆっくりと時間を楽しんでいる方がたくさんいました。

海に行く、というと私のイメージでは潮風を浴びながら浜辺をお散歩をしたり、ちょっと波打ち際でパシャパシャと水にぬれてみたり・・・。

そんなイメージがありましたが、そこに滞在しておしゃべりをしてまったり過ごす、というのもいいなあと思いました♡

今回はわたくし “海散歩” 初心者ということで浜辺を歩くだけに留めておきましたが、いつか時間に余裕があるときには息抜きがてら友達とおしゃべりをしに海に行ってみようかな♪

それともうひとつ。

やっぱり自然っていいなぁ~!

なんでなのか、自然に触れると心が浄化されるような感覚がありますよね。

やっぱり自然豊かなところは空気がいいという、そういうことなのでしょうか。

緑豊かな公園に行けば草木の香りを思いっきり吸い込み、広大な海へ出れば潮の香りを存分に楽しめます。川へ行けばきらきらと光る水の流れを眺めながら心地いい水の音に耳も安らぎ・・・。

自然って、五感全てで楽しめるから素晴らしいですね✨

実は、小学校中学年あたりから、自分の運動神経がとっても悪いこともあり(足も遅かった・・・笑)体育の授業があまり好きではありませんでした。

“なんでみんな、あんなに綺麗でスムーズな動きができるんだろう”なんて思いながら、日に日に運動に対して苦手意識が生まれていっていた気がします。

ですが、年齢を重ねるにつれて、

”運動神経が無くても、こんな風に自然と触れ合いながらでも運動は楽しめる!”ということを知っていき、今となっては自分から率先して身体を動かそう、と思っている次第でございます。

~ドイツ流~ お散歩で運動ルーティンをつくる!

運動しよう!と思っても、実際に日常の中に運動を取り入れるのがなかなか難しいのが現状・・。

なんとなく、運動というとどうしても構えてしまうところがあってなかなか続かないことが多いイメージ。

そんな時、私のピアノの教授がおっしゃっていたことを思い出しました。

教授
教授

小さい頃は、週末には必ず家族で散歩に出かけていたよ。

時間は大体3時間ぐらいで長いときは5~6時間。

その話を聞いた当時は、

3時間?!長いときは5‐6時間?!

・・と、とっても驚きました。散歩ってそれほど時間を費やすものなんですね。もはやハイキングのような・・汗。

しかし、たしかにドイツで街中を歩いていると何をするでもなく鞄も持たずにただ歩いている夫婦や家族、カップルの多いこと。

どこに向かう!という目的なしにただ散歩を楽しむ文化があるんですね。

散歩がしやすい道がつくられているというのも大きなポイントだと思います。

私が住んでいるところは比較的海(港?)から近いのですが、その近くには歩きやすい幅広な散歩道がありいつも散歩を楽しむ人々が行き交っています。

ところどころにベンチも置いてあるので、座って休憩しているおじいちゃんおばあちゃんなどもよく見かけます。ほっこり♡

ほかにも、緑が生い茂っているような大きめの公園では朝のジョギングをする人もたくさん。

休みの日に友達と会うとなっても、どこかに遊びに行くというよりはただ近くの公園で散歩したり、芝生の上で寝っ転がっておしゃべりしたり。

そんなドイツ人の暮らしを見ていると、私も自然と散歩を身近に感じるようになってきました。

今までだったら、散歩といえば犬の散歩ぐらい。

身一つで何も持たずに外に出るなんて、手持ち無沙汰の感覚がすごくてなかなか散歩をするに至りませんでしたが、その考え方もちょっと変わってきて♪

ドイツ人のお散歩大好き文化、好きだなあと思ったので私も見習っていきたいです✨

おわりに

今はもう9月の後半。

段々と夏から秋に移り変わるこの時期はお散歩にもぴったりですので、気分転換したいな、身体を動かしたいなとお考えの方は、ほんの少し外をぶらっと歩いてみるのもいいかも♪

私も海散歩、定期的に取り入れていこうかなと思います!✨(笑)

最後までお読みくださり、ありがとうございました♡