【#115】電話先の相手を間違えてしまった💦

大学生活・日常

こんにちは!妹です。

新しい曲の譜読みが始まり、譜読みって根気強さが必要だよな~と思いながら地道に練習を進めているところです。

ところで、この新しい譜読みの楽譜を入手するにあたって恥ずかしいことをしてしまいました。

何かというと、門下生の一番年上のお姉さんの連絡先を図書館の受付の電話番号だと思ってかけ間違えてしまったんです💦

先生のお部屋に置いてある、門下生が自由に使える棚の中に指番号や弓順が書かれた楽譜の資料があり、新しい曲を始める時にはそれらを各自で確認しながら譜読みをする感じなのですが、それらをコピーするためには印刷機が必要でした。

写真を撮ることもできるのですが、小さいスマホの画面とにらめっこするには余りにも細かくて。

印刷機!と思い立ったものの、自宅にあるプリンターのインクは切れており、もしも可能なら図書館の印刷機を使わせてもらえたりしないかな~と思って図書館に電話することにしました。

※現在図書館はコロナの影響で封鎖されており、中に立ち入ることは図書館秘書の方以外できないものの、大学の玄関横の窓越しに予約した本を借りたり返すことはできている状況です。

この受付の窓が最近多く降っている雪のせいで壊れてしまい(ありがち)、窓を叩いて「楽譜を借りたいです~」ということをアピールしないといけないのですが、窓を力強くノックするよりも電話で「窓を開けてほしいです」と伝えた方が早いので、最近しょっちゅう図書館に電話していました。

電話の履歴を確認して、電話番号をタップします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーープルルルル

私:すみません、図書館でもしも可能でしたら印刷をさせていただきたいのですが。。

📞相手:図書館で印刷したいの?自宅にプリンターとかはないの?

私:自宅のプリンターはインクが切れていて。。

📞相手:そうなんだ、え~全然分からないな~。というか、図書館って今開いてるんだっけ?

私:(あれ、図書館で働いている人のはずなのになんで図書館が開いてるかどうか知らないんだろう。。汗)

私:本の貸し借りは窓口の受付でできるけど、中には本来なら入れないことになっていますよね。ただどうしても印刷したい楽譜があるんです。

📞相手:そうなの。メンザカードは持ってるの?

私:残念ながら持ってないです。

📞相手:○○と○○はメンザカード持ってるから、ちょっと貸してもらえばいいんじゃないかな

私:(あれ、この人○○と○○のこと知ってるんだ。というかさっきから何だか話が合わないような、、汗)

私:あの、すみませんがそちらは図書館で働かれている方ですよね?

📞相手:(驚いて)え~!(苦笑)図書館では働いてないわよ~ なんで?

私:えっ。—すみません、この電話番号は図書館の受付の番号で合っているでしょうか。。?

📞相手:いや、私は○○だよ~!

私:………….アッ!(しまった、やらかした)

私:私この電話番号が図書館の受付のだと思ってて、ごめんなさい!!

📞相手:(面白すぎてどうしよう、という感じで笑いながら)

そうだったんだ、○○(私)が急に電話かけてきたからびっくりしたー!

全然大丈夫だよ、コピーどこかで出来るといいね。

(私:ひゃー恥ずかしすぎる!)

ーーーーーーーーーーーーーーという感じのことが昨日ありまして。

電話番号はちゃんと確認してから電話を掛けよう!と決めました。(当たり前(^^;)