オンラインでピアノレッスン始めてみませんか?

詳細はこちら

【#74】地下室の使い道

姉妹で豆日記
わたし
わたし

ドイツ語で地下の事をKeller(ケラー)と言います。

大学からドイツに留学している私ですが、日本では地下があるお家に住んだことはありませんでした。

ですので、ドイツの学生寮で初めて地下室を見たときはちょっと不気味で怖かった記憶があります。

日本では地下室ってあまり無いかな・・?と思いますが、ドイツではアパートなどには勿論、普通の一軒家にも大体地下室があります。

一体何の為にあるのかというと、それはお家によって様々なようですが大抵物置替わりだったり、洗濯物を干したり洗濯機が置いてあったり・・といった感じです。

私が住んでいた学生寮には地下室に自転車置き場やコインランドリーなどがありました。

住んでいた学生寮の地下

そして現在住んでいるアパートにも地下室があり、世帯ごとにそれぞれ小さなスペースが与えられています。

家賃の中に地下室の料金も含まれているので出来れば有効活用したいところなのですが、どうにも使い道が無くて困っています。

理想としては洗濯物を干す場所にできたら・・と思うのですが、立地的な問題もあるのか私のアパートの地下は全体的に湿っていてちょっとカビっぽいのです😭

そしてハイツング(ドイツのヒーター)があるわけでもないので、そこで洗濯物を干すのはあまり良くなさそう💦

それなら季節柄使わない洋服たちを置くのはどうかな?と思ったものの、あまり状態が良くない地下室に洋服を放置すると虫に喰われてしまったりカビっぽい臭いが移ってしまうらしいです。

うーーむ。

地下のお部屋はそれぞれドアが柵のようになっていて中の様子が見えるのですが、他の住人の皆さんは大きい家具などを置いているみたいです。

私の家には必要最低限の家具しかなく、地下に置くようなものも無いのでやっぱり今のところは地下室の使い道が分からないなあ・・・と思っています。

今住んでいる家の地下スペース

ドイツでは洗濯物を外に干す習慣がなく、私の家にはベランダなども無いので洗濯物は常に部屋干し。

部屋の中が洗濯物で塞がれてしまうことが多いので、地下に洗濯物を干せたら良かったんですが・・。

ハイツングが無いのであれば難しそうです。

何かいい使い道がないかなぁと模索中です。

(ちなみに・・地下の写真を撮りに外に出たら雪が降っていました!寒くなってきましたね❄)