【#73】日本から持ってきて良かったもの

ドイツ

こんにちは!

2年前の3月、いざドイツに飛ぼうという日の前日になってもパッキングが終わらず慌てた思い出が。。💧

あれもこれも持っていかねばと思ったものの、いざ暮らしてみるとドイツで買えるもので十分に困りごとなく生活を送れています。

そんな中でも「これはやっぱり持ってきて本当に良かった!」と思ったものをご紹介します。

・カイロ

カイロをドイツで買うことはかなり難しいはずです。寒い冬、お腹が痛くなりがちな時に貼るタイプのカイロを2つくらい貼っておけば、身体がぽかぽかしてきて気持ちも落ち着いてきます。これは、本当に必需品だと思います。

・自分に合った常備薬

ドイツに来て、知らない薬を飲むのは少し勇気が要りますよね。自分の身体に合った常備薬があれば安心です。(私の場合は、バファリンを持ってきています。)

・良く書けるシャーペンとか消しゴムなどの文房具

ドイツで売られている文房具は、薄くて書きにくいことも多いです。

日本製の書きやすいシャーペンやよく消えMONO消しゴムなどは、あるとストレスフリーですし、便利です。(学内では、机の上などに置き忘れないように注意が必要です。)

・お箸、お箸置き

お箸お箸置きもどちらもドイツではマニアックすぎるものなので、日本から持っていかないと見つけられません。

・サランラップ

ドイツのラップはハサミを使わないと上手く切れないため、すんなりシュッと切れる日本製のラップは貴重です。

・爪切り

楽器を演奏するため頻繁に爪を切るのですが、日本製のものだとサイズもぴったりなので安心です。↓こちらの爪切りはとても切れやすいのでおすすめです。

・どうしても譲れない味の素系の調味料など

食料品は、持っていこうと思うとどんどん重くなりがちに。。

なので、これがあれば日本食っぽいものが作れる(かもしれない)ものを1,2個持っていくと、料理する時に気分が上がります。(だしの素など。)

留学生活を始めたばかりの時はちょっとしたホームシックになってしまうことも。せめて日本の味のするものが食べられると、何となく心が癒されていきます。即席のお味噌汁セットは、とってもおすすめです!

・好きな小説

活字が急に読みたくなった時、好きな本があれば楽しい時間を過ごすことができます。

・大切な人からの手紙や写真など

何か大変なことがあって辛くなった時、元気をもらえます。

書道セット

小さなものでも、筆をとって文字を書いているうちに気持ちが研ぎ澄まされていく気がします。集中力アップにも。

いかがでしたでしょうか?☺

気分を落ち着かせてくれるものや、健康に関するものは日本から持っていくと、海外生活を楽しく始められそうですよね♪