【#21】住民票に登録された名前!?

ドイツ

こんにちは!妹です。最近寒いです。。

ドイツに留学したら一番初めにやらなくてはいけないことリストの中の一つが、住民票の登録。私もこっちに来たばかりの頃に姉に付き添ってもらって役所に行った。

住民票がないと銀行の口座が開けないし、図書館のカードも大学のカードも作れない。保険もそれがないとできないし、さっさと終わらせるに越したことはないものだからと、まだドイツの雰囲気に慣れないけれどいそいそと役所へ向かったのだった。

そこはいつも混んでいる。入ってすぐのところにある受付順番が書いてあるレシートみたいなのを自販機みたいな恰好をした機械から受け取って、自分の順番になるのを待つ。

いつも混んでいて座れる場所以上に多くの人が押し寄せているからほぼ確実に立って並ばなくてはいけない。初めてこのお役所に来たときはインターナショナルな雰囲気にドキドキした。日本の役所とは違って実に様々な国から来た人々がいる。

と、その時やっと私の順番が来た。姉が隣にいてくれているというのに無駄に緊張しながらちょっと怖い顔をした女性の質問に答えていく。「名前は」「どこから来たの」「このお部屋には一人で住むつもりなの?」「いつドイツに来たの」などなど。。

この中に後から驚きの結果になって返ってきたものがあった。

そう、私の名前がまるで私の名前じゃないみたいになって登録されてしまっていたのだ。

なんだかまるで「あなたはこれから桃太郎になります」といきなり宣告されたみたいな衝撃を受けたけど、(名前の響きもすごく男っぽいの(笑))私の発音が役所のお姉さんに上手く伝わらなかった可能性大。

というわけでいつも私は何かの登録をしに行くときは、行く先々でこの説明をしなければいけない。ええ、ですからちょっと名前が違う風に書いてありますけど私は私なんです。。

もし次にまた引っ越しして住民登録をすることがあったら、その時はちゃんとはっきり自分の名前を言って、さらにどう聞き取ってもらえたか確認するようにしよう。そしたら晴れて本当の名前が住民票に載ることになる✨