オンラインでピアノレッスン始めてみませんか?

詳細はこちら

【#20】ハロウィーンの翌日、街に魔女(?)が繰り出していました。

姉妹で豆日記
わたし
わたし

ドイツではハロウィーンの次の日も祝日です。(州によって違いはありますが)

ドイツでは11月2日(月)から再びロックダウンが始まりました。

映画館や劇場、レストランの閉鎖ということで、そのほかの普通のお店(洋服販売店、美容院、家電量販店など)は営業を続けるそうです。

普段からレストランや映画館には行くことがないので、個人的には生活に大きな変化はないかな~と思っています。

(以前のロックダウンでは大学が閉まり、練習室を利用できなくなっていたので大変だった・・💦)

さて、今回はその前日、11月1日のお話です。

この日は祝日だったため、大学が普段とは違う営業時間で開いていました。普段は23時まで練習できますが、この日は17時まで。

基本的に、祝日や休日は学校が空いていて待ち時間無しに練習室を借りることができるのが魅力。

朝9時から大学が開いていたので、9時ぴったりに学校へ向かい17時まで部屋に籠って練習しました。

(途中、2時間ほどオンラインレッスンを挟みました😆)

そうして、練習を終えてスッキリした気分で17時過ぎに学校を出て家に帰る途中のこと。

最寄りの駅でトラムを待っていると、何やら近くの建物からコスチュームで着飾った人がひとりふたりと出てきました。

ゆらーりゆらーり。

よく見ると、脚は長い木の棒のようなものでできていて人間の脚ではありません。

(イメージとしては竹馬のような感じ。)

動画だと分かりにくいかもしれませんが
彼ら、結構大きいです。

竹馬は私も幼少期に保育園などで遊んだ記憶がありますが、バランスが難しくて一度もできた試しがないので、この方たちは補助もなしに随分と上手に歩いているなぁと感心してしまいました。

だがしかし、ちょっぴり怖い。

この時期は日の入りも早く、17時過ぎともなるとあたりはかなり暗いです。

広場に流れる静かな音楽をBGMに、カラーンカラーンとゆらゆら揺れながらゆっくり進んでいく姿はなかなか不気味でした。

少なくとも50cmほどの棒の脚を持っているので背も高く、2m半以上あるんじゃないかな?

かなり巨人。

私はそれらのすぐ近くにいたわけではなく、少し遠めに見ていたのでまだ大丈夫でしたが、もしも彼らが真横を通り過ぎたらちょっと逃げ出したくなっちゃうかも・・なんて思いました。

ハロウィーンの翌日のことでしたが、それと何か関係があるのかな?

11月1日は”諸聖人の日(Allerheiligen)”という祝日らしく、そのことが理由だったのかもしれません。

なんだか不思議な時間を過ごしたあと、またいつも通りトラムに乗って家路に就きました。

すこし怖かったけれど、もしも来年同じようにするというのであればもう一度見てみたいなあなんて思ったり。

来年はどうなるかな・・?