ドイツ音大受験 留学相談(カウンセリング)

ドイツ音大受験には特殊な対策が必要です。

非常に狭き門ですが、1つ1つのステップをきちんと踏んでいけば1回目での合格も不可能ではありません。

準備は早ければ早いほど良いです。

例えば、高校卒業後すぐの入学を目指したいのであれば出来れば中学生のうちから準備することをおすすめします。

実際にドイツ音大を受験し、合格したスタッフが丁寧に対応します。

受験前後等の現地でのサポート(渡航・生活面等)が必要な方のご相談も承ります。

ドイツ音大受験対策 

受験前の準備

日本の大学受験とは仕組みが異なります。

願書を提出⇒実技試験を受ける に至るまでに知っておかなければいけないこと、行動しなければいけないことがたくさんあります。

何度受けても受からない・・何故だろう?

ということにならないように、しっかりと準備をする必要があります。

ご了承願います

私たちは作業の代行は行っておりません。

例えば先生へのメールについて、書き方や文章を提案することはしますが、代わりに送信をして、レッスンのアポを取ることはしません。願書も、書かれている内容について日本語訳をつけることはできますが、代わりに記入・作成して提出するという事はしません。

というのも、実際に渡航して現地で暮らすようになると、思っている以上にたくさんの書類や手続きに追われ、自分1人でドイツ語と格闘しなければいけない場面が多いことに驚きます。

渡航当初の慣れない環境の中で、練習もしなければならないし、難解な書類も読まなければならない、という状況は過酷です。

実際に住んでみて実感するのは、日本にいる間に少しでも多くのドイツ語の書類に触れて、各種手続きに対する免疫を作っておいた方が良いということです。

上記の内容は受験の合否とは無関係のように見えますが、実際はそうとも限りません。

例えばレッスン中のちょっとした会話の中でも、どこまでの覚悟でここまで来た人か、ということを先生は見ていらっしゃると思います。

どうしても合格したい!という熱意を見せるきっかけにもなります。

結局のところ、1つ1つ全てを自分でこなしていくのが合格への近道です。

その道案内を出来ればと思っております。

受験前にやることリストの一例

  • ドイツ語 語学証明取得(B1/B2)
  • 大学の先生へのコンタクト(メール/電話(ドイツ語・英語))
  • レッスン(Vorspiel)の申し込み
  • 受験の旅の段取りを決める
  • 宿泊先を決める(ホテル/アパート1人暮らし/WG/ホームステイ・・?)
  • 高校・大学の卒業証明の取得(ドイツ語での認証コピーが必要な場合が多い)
  • 受験要項を読み込む
  • 願書作成
  • 各大学のホームページを読み込む(受験前に講習会などがある場合があります。音楽理論等の過去問が載っている場合も。)

量は多いですが、1つ1つ一緒にこなしていきましょう!

受験後の滞在

長く滞在する場合は、各種手続きが必要になります。

  • 住民票の取得
  • 外国人局に行く
  • ビザ取得
  • 練習室の確保
  • 家探し(音だしOKな部屋?WG?学生寮なら申し込みは早めに)
  • インターネット回線
  • 保険
  • 銀行口座開設

全ての手続きにおいてドイツ語で、電話をかける、メールを書く、書類を埋める、窓口に出向いて交渉する、という作業が必要になります。

ドイツ音大留学に興味があるけれども、何から手をつけていいのか分からない・・という方や、あるいはメールの書き方を教えてほしい、など具体的なご要望をお持ちの方はどうぞお気軽にお問い合わせください。

料金

留学相談 カウンセリング

基本的に、Zoomを使ってオンライン対面でのカウンセリングになります。

1回1時間 3,000円

作業のお手伝い

料金は内容によって異なります。詳細はお問い合わせください。

(例)

・ドイツ現地で滞在許可申請同行サポート 150ユーロ+交通費実費

・住民登録同行サポート 50ユーロ+交通費実費

お問い合わせ

メッセージ

※ お問合せのお返事は info[アットマーク]schaffen-online.com から送信されます。届かない場合、迷惑フォルダに振り分けられている可能性があります。恐れ入りますがご確認をお願いいたします。