【#9】ドイツ製のホームベーカリーを中古で購入して使ってみました♬

ドイツのホームベーカリー大学生活・日常
わたし
わたし

小さいころからパン屋さんが大好き✨

パン作りというのは結構な力仕事ですよね。

どうしても出来立ての美味しいパンが食べたいと思ったときは、スーパーで強力粉を買ってきてパン作りに励んだりするのですが、これがなかなか大変。

手捏ねで頑張るも、ほぼ毎回生地が柔らかすぎて手にひっつき、まとめるのに1時間ぐらいかかってしまいます。(レシピには10分ほどって書いてあるのに・・。)

美味しいパンを食べるのは幸せだけど、捏ねる作業にそんなに時間をかけていられない!ということでホームベーカリーに興味が沸いてしまった私。

調べてみると、新品はやっぱり高くてとても手を出せるお値段ではありませんが、なんと、中古のドイツ製品を800円ほどで見つけました!

やったぁ!と思い購入。

すると、やってきたホームベーカリーは思っていたものの2倍ぐらいの特大サイズ。かなり古そうな感じです・・。

しかし、中身は普通のホームベーカリーと似ていて電源もちゃんと入るのでまあ大丈夫か!と思い試しにパンを作ってみることに。

手捏ねで何度も苦労したシナモンロールに挑戦してみました。

生地だけコースを選択して、待つこと2時間半。

完了の合図のピー音を聞いてふたを開けてみると、そこにはかな~り柔らかい生地が。

おやおや・・?

一瞬、「もしかしてこれは失敗なのでは(汗)」とも思いましたが気を取り直して、打ち粉をふってなんとか生地をまとめ、成型してオーブンで焼きました。

出来上がりは、最初に思っていたのと少し違っていたけれど(笑💦)、やっぱり出来立てのパンは美味しかったです。

調べてみると、ドイツでホームベーカリーを購入するのであればパナソニック製が1番いいらしい。

いつか自分で新品を買える時が来たらパナソニック製のホームベーカリーを買ってみたいですね。

でも、まずはドイツ製の古いホームベーカリーを上手く使いこなせるように頑張ります。✨

ドキドキのパンライフ、はじまりはじまり~!